So-net無料ブログ作成

オレンジロード、ツーリング [ツーリング日誌]

佐賀の樫原湿原に鷺草を見に行く予定にしてたんだが、

昨日yamamenさんが行ったら、まだ咲いてなかったらしいので

予定を変更して国東のオレンジロードを全部、走って、ついでに

杵築のプチ観光をしてみましょう。

宇佐付近の交差点。  信号停車は拷問バイ。

柳ヶ浦の方に曲がるとこんな直線ばっかりですが取り締まりが

おっかなくて、超安全運転です。

しばらく走ると田んぼの中にこんな建物があります。

結構大きな建物ですが、ここは民家の倉庫になってます、

実のところ、これは戦争の史跡です。

「城井一号掩体壕」

二次大戦中、ここは飛行場で、建物は戦闘機の格納庫でした。

この基地から、知覧を始めとした南方戦線基地に向かって

多くの若者が飛び立って行ったそうです。

掩体壕のすぐ横の道は滑走路跡になってます。

飛んで行けそうですが、スピードの出し過ぎにはご用心。

でないと、本当に点数と金が飛んで行きます。

この天気です。

止まると死んでしまいそうです。

国見からオレンジロードの入り口をなんなく発見して入ります。

 

「オリャ~ッ!」

「オラオラ!」 

「イッケェ~ッ!」

と言うのは嘘で、マッタリ走行ですよ。

暑くて止まれないので、往復してマグロの回遊のように

走り続けたいのですが、そののままはしるとガソリンが無くなって

死滅回遊魚になってしまうので1回走行に留めました。

途中にマイナースポットを発見!

「弥生の里」だったかな?

だ~れもいません。

まさに、マイナースポットの鏡と言える場所でしょう。

 

オレンジロード終盤に現れたみかん畑です、

これでオレンジロードの名前の意味がわかったような気がしますが

後にも先にもみかん畑を見たのはこの写真の一区間のみでした。

しかも「カボス」かもしれないと言った疑惑を持ったまま終点です。

杵築で終点になり、チョット観光でもしてみます。

 

杵築は城下町で所々土壁か残っています。

酢屋の坂

 

路地のひとつ入ると、良い雰囲気じゃ。

 

高台から八坂川と杵築城。

左端に杵築城がちょろっと見えます。

せっかくなので近くまで行って見ました。

か、階段ですね、

どうしよう。

 

結局、登りました。

ややちっこい城でした。

ここの城代は巌流島で佐々木小次郎と宮本武蔵の決闘の

検分役を務めたそうです。

 

帰りは別府の方に回って帰ろうと思ったんだけど空が真っ黒です。

しかたないのでR10を戻りますが夕立雲に囲まれて絶対絶命。

カメラと携帯を直し込んでやっとのことで逃げ帰ることが

出来ました。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

(たいようさん、応援、ありがとう)

 

 

 

 

 

 

 


nice!(5)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。