So-net無料ブログ作成

廃墟&近代化遺産(巨大プラントの最期) [廃墟&近代化遺産]

満を喫しての大型物件です。

 

ハウルの動く城を思わせるその巨大工場は

日本の近代化を支えたマテリアル生産拠点だった。

日本セメント工場跡。

明治26年に匿名組合浅野門司分工場として操業が開始され、

後に太平洋セメントになり昭和55年に閉鎖している。

 

北九州市の関門海峡を望む門司にある、

その工場は今にも大音量を上げ動き出しそうだ。

 

普通はセメント工場といえば原料が採れる鉱山と併設されてるか

近くに造られるものだが、やはり海運によるコスト高は

避けられなかったのかもしれない。

 

 

工場の間を貫くJR鹿児島本線。

稼動中はセメントを運搬するための引き込み線も入っていたようです。

 

事務所の跡だろうか?

窓ガラスも割れてて年代を感じる作りですね。

 

ちょっと以前に撮ったものですが

これを見るとこの工場の巨大さが解るでしょうか?

様々な大きさ、形の建て屋が入り組んでて3D迷路のようです。

これも近々取り壊しが決まっています。

 

このセメント工場はその巨大さと作りの複雑さ以外にも

こんな見所があります。

かなり気付き難いのですが屋根の上に

大戦中の防空監視哨が残っているのです。

戦時中も重要な生産拠点だったのでしょうね。

街中でこういったものが見れるのはとても珍しいです。

 

 

 

更に周囲を回って見ます。

 

 

当時の通門所跡ですね。

守衛所って書いてあったような気がする。(きちんと見なさい!)

 

さらに寄って見ると当時の就業が厳しかったことを裏付ける

注意書きがあります。

キビシィ~なこりゃ!(汗)

 

戦時中の看板だったら納得ですけどね。

 

守衛所から見た工場も迷路です。

僕がハウルの動く城をイメージしたところ。

工場を覆う蔦が時の流れを強く感じ取ることが出来ます。

 

路地裏には赤煉瓦の建物もある。

ちょっと角度が悪いけど赤煉瓦なのです。

 

反対から見ると煉瓦が少し見えますね。

路地の先に見えてるのは関門海峡です。

 

海沿いの国道を走ると当たり前のようにあった工場ですが

無くなるとなると寂しいものです。

そんな事情を知ってか知らずか

全てのものがゆっくりゆっくりと自然に帰ろうとしてるように

見えます。

人の手を入れず静かに朽ちて行くのも良いと思うのですが

仕方ないですね。

 

 

ちょっと寂しい気持ちになりましたけど

本当は探検したくてしたくて、たまらないのです(笑)

誰かが餌をやるためか、

敷地内には何匹もの野良犬が住み着いてる。

ちょっと羨ましいと思ってしまったりする(笑)

 

壊す前に公開とか無いのかなー?

 

 

蔦にに覆われた巨大プラントは

関門海峡を望むお洒落なレトロな建物群に挟まれて

残されることなく消えていきます。

 

 

 

火の悪魔カルシファーに会うならココ


nice!(47)  コメント(81)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 47

コメント 81

やったぁ。また1番だぁ。
写真見ただけでもかなり大きいのが分かります。建物に草木が巻きついてる感じが良いですねぇ。ココは探検し甲斐がありますねぇ。やった事はありませんがサバイバルゲームとかも面白そうですね。
by (2007-06-01 21:05) 

yogawa隼

2番目です。(たぶん)
鉄ちゃんとしては、引き込み線の歴史を勉強する必要性を感じました。
今後研究します。
by yogawa隼 (2007-06-01 22:00) 

ゆう

野良マニアとしては、ここに住み着く野良の顔を見ないといけないと
思いました。ジュニアのように品のある顔の野良が好きです。
これだけの大作のレポに野良の話だけかよ~と言うツッコミを
期待します。
by ゆう (2007-06-01 22:05) 

こんばんは。
この建物も戦火を逃れた1つですね。
よる年波には勝てなかった。
防空監視哨は作るのお手の物だったのでしょうね(*^_^*)
by (2007-06-01 23:04) 

OhIke0725

取り壊しになるのですね。
しかし、情緒がありますね。
プラントが海岸線にあるなんて
車と言う、文明の利器が列車・船を追い越してしまったからでしょうね。
by OhIke0725 (2007-06-01 23:05) 

シンヤ@東京

こんばんは 響さんは廃墟の建物探すのうまいですよね~
自分はまったく見付けられません( ̄□ ̄;)!!
関東方面捜査隊に任命してもらえるようにがんばりますA(^▽^;)
by シンヤ@東京 (2007-06-01 23:14) 

これも見事な今遺跡ですね
by (2007-06-01 23:20) 

CARRERA

北九州にはこのような廃墟が沢山あるのが容易に想像できます。
つわものどもが夢の後って感じです。
by CARRERA (2007-06-01 23:26) 

ケンケン

ゆうさんもですが、ブログの更新早すぎです(笑)
それにこめんとの数も半端ないので、昨日書き込んだのに
こちらに書かないと埋もれてしまいそうなので、こちらに・・・。

私のNEWマシンは何でしょう!!!!
って事でヒントですが、ゆうさんの所にも書きましたが
生粋のアメリカンバイク好きなんですよ~。

ハーレーは、、、来年まで我慢するのでハーレーではないです♪

日曜日、天気が悪いみたいになってますが、予想を反して
行く期満々なので、天気とか夜勤の都合が合えば
英彦山教えてもらいたいですねぇ~。でも無理はしないでくださいね!
by ケンケン (2007-06-01 23:37) 

obasan

ほ~んと、ハウルの動く城みたい。
古い工場跡ってなんだか惹きつけられる雰囲気を持ってますね。
絡みついたつたの緑が素敵・・・
by obasan (2007-06-02 00:41) 

ミック

引き込み線に何故か、たまらなく、感情が揺れました。
通門所跡、すごい素敵です。
以前、友人が映画に関する仕事をしていて、
「山口にある工場跡を追って、映画の作品に活かしたい」と、
言った時、私は彼に
「歳取ったんじゃない?」
と、ズバリ!みたいな事言って、彼を傷付けました。
この記事を見て、彼はこんな風景を言っていたのかもしれないと思い、
10年くらい前言った事を後悔しているミックです;;;;;;;;;;;;;;;;;
by ミック (2007-06-02 01:57) 

sasasa

ハウルの動く城って表現、たしかに合っていますね。
色んな人がここで働いて、色んな事があって、
今に至っているこの工場跡から、色んなものが伝わってきますね・・・
by sasasa (2007-06-02 03:51) 

響

>ヒロリンキュウさんへ
お早いコメントあろがとうございます。
サバイバルゲームですか?
マジで迷子になって本当にサバイバルになるかもよ(笑)
by (2007-06-02 06:27) 

響

>yogawa55はやぶささんへ
引き込み線の跡は少しです。
そのまま鹿児島本線に入ってたのでしょうね。
現役の鉄道も魅力ですが廃線探しもはまりますよ。
by (2007-06-02 06:30) 

響

>ゆうさんへ
こんな大型物件はそうそう無いよ
ワンコたちは今から解体に入る業者より地理を知り尽くしてるよ。
工事は始まるとヘルメット被せないと危ないよね。
パンは守衛所の門からあげれるけど
「餌をやるな」って書いてる(汗)
by (2007-06-02 06:33) 

響

>月光14thさんへ
こんなに目立つのによく空爆を避けれたものです。
爆撃はあったのでしょうが操業が続けれる程度の被害だったのでしょうね。
コンクリートは山ほどありますからお手の物です(笑)
by (2007-06-02 06:35) 

響

>OhIke0725さんへ
蔦の絡まり方がまた時の流れ方を感じさせますね。
取り壊しが決定したらしいです。
見慣れた工場が無くなるとどうなるのでしょう?
by (2007-06-02 06:38) 

響

>シンヤ@東京さんへ
うまい?
そんなことないですよ。
ここは国道沿いにあって時々見に行ってました。
関東開発隊員希望ですか?(笑)
難易度が高そうですが奥多摩など結構残ってるようなので
検討を祈ります。
by (2007-06-02 06:40) 

響

>タン・ロンさんへ
迷路のような建物にアートを感じます。
壊されるのは寂しいです。
by (2007-06-02 06:41) 

響

>CARRERAさんへ
空襲にもめげず、生コンを作り続けた根性は見上げたものでしょう?
栄えた時代が時代なんで廃墟が多いです。
by (2007-06-02 06:43) 

Little_Rock

これまた何とも渋いですね。
コンクリ工場だけあって施設のでかさに圧倒されます。
自分も工場勤めなので何となく懐かしい感じもします。
30年近く放置されていたのは取り壊しが大変だからでしょうか?
by Little_Rock (2007-06-02 06:52) 

風

今は静かに眠るかのような景色を見ながら、活気付いていたに違いない
頃の様子を「モノクロ」で想像出来ますねぇ。 今のおじいちゃんたちが
まだ若かった頃、大粒の汗を流しながら家族を支える為に一所懸命に
働いていたんだろうなぁ・・・・・って、尊敬の意味も込めて。

「就業中面会謝絶」・・・それだけ現場は慌しく、危険もいっぱいで簡単に
現場を離れられなかったのでしょう。 私の親父は炭鉱夫でしたので、
一度坑内に入ったら、予定数を掘り出すまでは連絡さえ出来ませんでした。 トロッコで入って会いに行くことも出来ない職場(地の下)でしたのでねぇ。 母ちゃんも真っ黒になって働いてたっけなぁ。

響さん!いつもいろいろ考えさせてくれる記事、ありがとう!
by 風 (2007-06-02 07:30) 

鉄下駄

秩父にはいまも健在のプラントが稼動していますけど、今は昔の
廃墟になってしまうとやっぱり少しさびしいですね・・・。
by 鉄下駄 (2007-06-02 07:44) 

セメント工場って、20年前は沢山稼動していた記憶があるね。
だいぶ淘汰されたのかな。
by (2007-06-02 08:03) 

ここまでの大きさの敷地、そのまま放置するのは少しもったいない気もしますね。
でも解体して撤去して・・・再開発するには割があわないってことでしょうか・・
by (2007-06-02 08:22) 

響

>ケンケンさんへ
アハハ!埋もれてしまいそうですか?(笑)
左上にあるHP(インデックスとも言う)の掲示版を使ってもらっても
いいですよ。
バイクは僕の予想に反してアメリカンですか?
なんだろう?
英彦山に行こうとしてるくらいだからコーナーも遊べるバイクかな?
ますます楽しみになってきました。
しかし日曜は雨ですね(汗)
by (2007-06-02 08:24) 

GATA

すっごく大きな施設ですね。
ガラスとか割れてたり、植物が侵略したりしてますが、工場の方は今にも動きそうですね~。
取り壊されるのは残念ですね。
防空監視哨とか歴史的なところは残してくれないかな~。
ハウルの動く城か~!
DVD見てみよう。(^o^)
by GATA (2007-06-02 08:25) 

響

>obasanさんへ
ここのウリは迷路感と蔦ですね、
美祢の工場も見ないといけません。
廃煙突が並んだ工場へ行きたいけどしばらく雨みたいなんだよ(汗)
阿蘇も延期?
by (2007-06-02 08:27) 

響

>ミックさんへ
ホホウ?映画のお仕事ですか?
なんか分かる気がする。
大分の津久見のセメント工場を見て映画「22才の別れ」を撮った
監督がいました。
10年も前ならもう全然大丈夫でしょう。
僕もそのころは全然、興味ありませんでした。
by (2007-06-02 08:30) 

響

>sasasaさんへ
あの建て増しを繰り返したような造りが
ハウルの城を思わせます
宮崎監督はここを見て思いついたりして・・・(笑)
by (2007-06-02 08:32) 

あら!みてたのね

おはようございます・・・
本当にハウルの城を彷彿とさせる工場跡・・・これだけ立派ででっかい工場跡、このまま朽ち果てさせるのが勿体ないですね・・・何とかならないのでしょうか!!!
煙突の蔦、レンガ造りの建物にびっしりと張り付く蔦の生命力と、荒廃していく建物の儚さみたいなものを感じるのはわたしだけでしょうか ♪♪
by あら!みてたのね (2007-06-02 09:03) 

まえまえ

蔦の絡まり方に自然の意志を感じますね
その辺りが物語性の源かも....
by まえまえ (2007-06-02 10:30) 

おこりんぼ

廃墟となった工場跡とか、中に入りたくなりますよね!
子供の頃住んでいた所に、閉鎖された刑務所がありました。
子供ながらに塀の中が見たくて見たくて、何回もチャレンジした覚えがあります。
by おこりんぼ (2007-06-02 10:48) 

xml_xsl

響 さん、こんばんわ、(^ ^)
万を持しての工場跡、見ごたえあります。
ハイッ…* !、なんと言っても丸い”防空監視哨”です、
ここから、世界を観察・撮影したくなります。
男子?!は、みんなそうですが、(^o^)/。
by xml_xsl (2007-06-02 11:07) 

ゆきゆき

こんにちは。
まさに歴史の遺跡ですね。
by ゆきゆき (2007-06-02 11:47) 

(。・_・。)2k

こーいう施設生で近くで見たこと無いな~
画になるんだろうな~ 撮ってみたいな~
by (。・_・。)2k (2007-06-02 14:01) 

HARU

ハウルの城のイメージにピッタリです。
蔦が覆った壁も昔懐かしい感じでいいですね。
by HARU (2007-06-02 14:05) 

エバンス

>日本の近代化を支えたマテリアル生産拠点だった。
なんか男のロマンをかきたてられました。
すんごいところですね。
by エバンス (2007-06-02 15:05) 

しおつ

門司港に行った時に、車窓から廃工場と見られる建物をみてなんか感動しました。
でも、消えていく運命なんですね。
防空監視哨が一番興味深いです。
昔自衛隊にいた頃市ヶ谷駐屯地勤務で、それなりに戦争遺産が残っていました。
いまは防衛省が移り、様変わりしていることでしょう。
by しおつ (2007-06-02 16:46) 

Montego-Blue

こんにちは。
防空監視哨との組み合わせが歴史を感じさせますね。
記事見ているとかなり広大な敷地のようですが、ここ全部とりこわされてしまうのでしょうか。
by Montego-Blue (2007-06-02 17:52) 

j-taro

緑に飲み込まれていく廃墟…
ラピュタのイメージも感じられます(^^)
by j-taro (2007-06-02 19:14) 

RYUSYO

こーゆー所って・・怖いけど
ちょっと行って見たい
写真だけでも不気味~でもかっこいい~←おいおい^^;
by RYUSYO (2007-06-02 20:15) 

今晩は。自身の今回の店のテーマが工場なんです。
古い工場にある、スイッチ等探しているのですが、、、、、
取りに行っても大丈夫でしょうか?^^
欲しい~。^^
by (2007-06-02 23:55) 

PS
古い配電盤なんかも真剣に探しているので、廃墟ハンターの響さんなら、、、、
詳しい場所&管理会社分かりましたら、次回行かれる時にメモしていただけませんか?すぐにフェリーで参上します。^^
by (2007-06-02 23:59) 

響

>Little_Rockさんへ
臨海の狭いところをかなり陣取った工場です。
海辺から山の斜面に工場が伸びてますので見た目も
凄い感じです。
ほったらかしならそのままでもいいと思うのですが
取り壊すようです。
by (2007-06-03 01:38) 

響

>風さんへ
石炭にしろセメントにしろ発展を続ける日本を支えた産業ですから
それに携わる人はかなりハードだったと思います。
危険をともなう職場で今とは全然違う職場環境だったのでしょうね。
この方達がいたからこそ今に日本があるのでしょう。
by (2007-06-03 01:42) 

響

> 鉄下駄さんへ
セメントのプラントって古いものが多くて
廃墟か稼動してるのかよく解らない工場もありますね。
共通してるのは迷路のような造りです。
蔦に覆われる様子はなかなか壮観です。
by (2007-06-03 01:44) 

響

>julieさんへ
そういえば沢山ありましたね。
大規模な鉱山など、コスト面で優れたところ以外は
衰退してしまうのでしょう。
by (2007-06-03 01:46) 

響

>STEALTHさんへ
今まで勿体無いですよね。
今年中には解体が始まるかもしれません。
跡には何が出来るんでしょうねぇ。
セメント工場だったらウケるんですが・・・(笑)
by (2007-06-03 01:48) 

響

>GATAさんへ
廃墟的アートでしょう?
上部に向かって建て増ししてる感じはハウルの城みたいです。
DVD見ちゃってください。
by (2007-06-03 01:50) 

響

>あら!みてたのねさんへ
このまま蔦が絡まる様子もいいのですが
勿体無いし壊すのも勿体無し
お金の絡む問題ですので僕にはどうしょうもできません。
by (2007-06-03 01:51) 

響

>まえまえさんへ
蔦は良い感じでしょう?
高い建屋まで達しているのは凄いです。
長い歳月、眠ってた様子がわかりますね。
by (2007-06-03 01:53) 

響

> おこりんぼさんへ
防空監視哨から想像できるように
中の設備もかなり古いものと思います。
入ってみたい!
刑務所を覗きたい気持ちを痛いほどわかります(笑)
by (2007-06-03 01:55) 

響

>xml_xslさんへ
ただの工場の跡かと思ったら
なかなか当時を偲ばせる監視哨なんて隠し玉があったのです。
壊す時、アレだけ欲しがる人、きっといそうです。
by (2007-06-03 01:57) 

響

>ゆきゆきさんへ
セメント工場ってのがちょっと地味ですが
見ごたえある工場です。
コレだけの廃墟はそうそう無いです。
入れないが残念です。
by (2007-06-03 01:58) 

響

>(。・_・。)2kさんへ
久々の大型物件でしょう?
2kさんなら凄い写真を撮ってくれそうですね、
かなり良い題材だと思います。
by (2007-06-03 02:00) 

響

>HARUさんへ
蔦の覆われるシーンは宮崎アニメで出てきそうでしょう?
監督も結構、廃墟好きだと読んでます。
by (2007-06-03 02:03) 

響

>エバンスさんへ
高度成長期を支えた男達の汗の結晶が廃墟になってますので
そのパワーは凄いです。
見ごたえ十分です。
by (2007-06-03 02:05) 

響

>しおつさんへ
門司港も中心は観光地化されてますがそれ以外はなかなか
変った雰囲気のあるところでしょう?
この工場もその代表といえます。
頃市ヶ谷駐屯地の戦争遺産がかなり気になります。
by (2007-06-03 02:07) 

響

>Montego-Blueさんへ
海沿いで平地が無いのにコレだけの大きさなんで
かなり大きい方です。
壊す時は多分全部いちゃうんじゃないでしょうか?
by (2007-06-03 02:09) 

響

> j-taroさんへ
廃墟的描写の多いアニメですからね
イメージできます。
このまま、見る分には良いのですけどね、
そうもイカンのでしょう。
by (2007-06-03 02:11) 

響

>RYUSYOさんへ
いや、かっこいいですよココ。
斜面に張ってそびえ立って、それに蔦が絡まる風景は
迫力あります。
by (2007-06-03 02:12) 

響

>J1Fさんへ
入っちゃダメですよ。
太平洋セメントですが何処に問い合わせたらいいのか
僕にはちょっとわかりません。
太平洋セメントに聞いて辿って行くしかないのかな?
古い計器ってインテリアにもなりそうですね。
何かわかれば情報発信します。
by (2007-06-03 02:16) 

coyote

凄いプラント跡ですね!
牛尾のプラント、現在調査中!^^;
by coyote (2007-06-03 06:26) 

宜しくお願いします。^^
ウルトラマンと戦いに近いうちに九州に上陸します。^^
by (2007-06-03 15:11) 

ハイマン

またまたすごい廃墟ですね!
本当にこのあたりは廃墟多数で冒険が沢山ありそうですね
by ハイマン (2007-06-03 22:03) 

テリー

このセメント工場は、戦時中にあった物ですかね
by テリー (2007-06-03 22:23) 

響

>coyoteさんへ
明治って聞いて驚いてます。
南部開発隊長!仕事してますねぇ(笑)
実は完全にはまってるのでは?
by (2007-06-03 22:27) 

響

>J1Fさんへ
そういえば長崎の諫早にある刑務所は今月半ばから解体らしいです。
市に問い合わせたら何か解るかもしれませんよ。
by (2007-06-03 22:29) 

響

>ハイマンさんへ
ほったらかしの廃墟が多すぎて行政が追いつけない?
まぁ、歴史があっていいです。
by (2007-06-03 22:30) 

響

>テリーさんへ
明治26年操業ですので何個も戦争をくぐり抜けた工場です。
改築を繰り返したので迷路のようです。
by (2007-06-03 22:32) 

はるか未来(いや、もしかしたらちょっと未来)に、今の大都市がこんな風景になっているやも知れぬ、と、ふと思ってしまいました。
冗談抜きでね。
by (2007-06-04 00:38) 

みね

取り壊しの運命ですか・・・。
本当に探検させて欲しいですね^^
by みね (2007-06-04 00:50) 

響

>binpakuさんへ
SFで描かれる都市って感じしますね
こんな未来になるかもしれません。
ちょっと怖いなー。
by (2007-06-04 01:47) 

響

>みねさんへ
ヘルメット持参の公開でもあったらすぐ行くのになー(笑)
この風景は好きだったのに。
by (2007-06-04 01:49) 

e-g-g

昭和55年の閉鎖、、、27年も前、、、閉鎖後の固定資産税だけでも相当な額になりそう。
そんなことはともかくとして、人の作る構造物はある規模・時間を超えると、その意図を超えて別の顔付きを見せるという典型ですね。
by e-g-g (2007-06-04 16:57) 

響

>eguchiさんへ
そうですね、ある時間を経過すると別の顔つきになるって表現に共感できます。
自分に人生より月日を重ねたものに無意識に感じる感覚なのかな。
by (2007-06-05 09:19) 

赤レンガ倉庫は何かひきつけるものがありますね。
by (2007-06-05 12:17) 

歴史をつんだ建物ですね。
中に入ってみたいな?
by (2007-06-05 21:31) 

響

>やま・もさんへ
煉瓦の建物に蔦が絡むとさらに良い味が出てきますね
大好きです。
by (2007-06-06 11:57) 

響

>きんさんへ
中に入れそうなときはお知らせしますね。
by (2007-06-06 11:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。