So-net無料ブログ作成

再び廃墟探検は登山となる [登山]

 

[関門要塞シリーズ最終回]

 

 

 

前回の霊鷲山登山でヘロヘロになって

九州へ戻って来た廃墟ハンターは

下関の関門要塞から、今度は海を挟んだ門司側で

懲りずに要塞探検を試みる。

 

でも次は車でほとんど頂上へ行けるので

楽勝でしょう!

 

 

門司港から程近くにある風師山の登山道へ向かう。

 

ごらんの通り、車で上まで登れるのでチョー楽チンでございます。

 

 

しかし、頂上付近で行き止まりになり

ココからは頂上まで歩かないといけないようだ・・・

 

 

またですか?

 

 

頂上まで900mって書いています。(なんか心臓がバクバクしてきた)

 

 

 

 

でも、車でほとんど登って来てるはずなので

霊鷲山のような事態になる筈は無い!

 

きっと鼻歌を歌いながら遊歩道を散歩するに

違いないと、何の根拠も無いのにポジティブに考えるハンター。

 

 

遊歩道に入るが

案内板には何故か「風師山 登山道」って書いてあるのが

気になる・・(汗)

 

道はいきなり下って、その先から山に向かっているようだ。

 

霊鷲山でも騙された(勝手に勘違いした)が、

ここも段々んと進むにつれて登山道っぽくなって来たが

見なかったことにしよう。

 

 

やっぱり登山?

 

イヤイヤ!

これはちょっとキツイ散歩なのだ。

 

ゼイゼイ、言ってるのはきっと空気が薄いからでしょう。

 

 

 

ほら!

やっぱり遊歩道だよ。

階段があるもん!

 

でも、この階段が曲者で

めちゃキツイ

 

霊鷲山で体力をかなり使ってるので

これは堪えます(汗)

 

上着も脱ぎ捨て、

気合で登る!

 

 

 

 

 

「何故、人は山に登るのか?」

 

 

 

 

決まってるじゃない!

 

 

 

それは 

 

 

 

 

そのに廃墟があるからだよ!

 

 

 

 

登ったゾ~~!

 

 

 

そして

 

廃墟は無く、あるのは山頂だけでした。(汗)

 

 

しかも登ってたのは風師山じゃなく

風頭山(364.3m)です。

 

風師山はやや内陸側だったし

もう一山超えないと行けなさそうなので

パスしてあげました。

 

しかし本日、火の山・霊鷲山と登りましたが

最高峰の山です。

 

見事な風景ですが

要塞は?

 

砲台は?

 

 

 

廃墟ハンターを待っていたのは

海峡を望む絶景だけでした。

 

 

こ、これで良かったんだ・・・

 

 

こんな良い景色が見れるなんて

頑張った甲斐がありました。

 

もう、「要塞も無くても良いや」って気にさせてくれる景色です。

 

基本的に登山は好きなんだよね。

でも、きちんとした装備で登りたいかな?(笑)

 

 

眼下にそびえる山は

矢筈山です。

この要塞も中々の規模でした。

 

 

下関側を見てみましょう。

 

今日、制覇した山がなんとも小さいことか。

 

やっぱり100m近く高いだけで

これだけ見え方が違うんだねー。

 

 

山頂の真正面には

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な

巌流島が良く見えます。

ミニチュアのようで

見てて飽きない風景です。

 

過去に探検した検疫所跡や彦島の砲台のある山が

全部見渡すことが出来る。

 

結局この風頭山の要塞の痕跡を探しましたが

見つけたのは古い石碑だけでした。

明治32年9月1日って書いてます

 

裏側は何て書いてあるのか

かなり見難い

掘った跡を指でなぞって見ると・・・

 

「下関要塞第一地帯票」って書いています。

 

 

やはり関門要塞に関係する山だったのは間違い無いようだが

道路も無いし、大規模な要塞などは無かったのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

風師山
のぼりて空を仰ぐとき
雲と遊ばむ
こころ起りぬ

 

 

 

 

 

雲と遊ぶ・・・

 

こころ・・・

 

 

 

 

 

空を見上げる・・・

 

 

 

 

廃墟ハンターの頭の上を

冬の雲が何処かに急ぐように流れていく

 

 

 

やっぱり

 

 

登山ってサイコ~~!!

 

 

 

 

 

さて、下りましょう!

 

本日、2個目の登山なので

膝がもうカクカク(汗)

霊鷲山ですでにカクカクだったけど

何かに捕まりながら下らないとキツイ感じです。 

ちょっと、暗くなって来た!(汗)

 

夕日を見た後なので、暗くなるのが早くて

山の陰に入るとすでに薄暗くなっています。

 

急に寂しくなります

 

 

なんとか足早に登山道を抜けると

駐車場が見えてきた。

フ~~!!

 

「お疲れ様でした!」(←僕に)

 

「お疲れ様でした!」(←4部作を読んでくれた皆様に)

 

 

最後はただのおまけのような記事ですが

景色が良かったんで登山記事として書いて見ました。

なんたって僕のブログには知らないと思うけど[登山]って言う

立派なカテゴリーが存在するのだ。

もうすぐ記事も500個になろうとしてるのに

たったの[2]で止まってる、まるでブログ内の

化石のようなカテゴリーだったのですが、

今日、晴れて[3]に増やすことができました。

 

これからも、登山家として、そこに山がある限り登り続けることだろう。

(誰が登山家ですか?)

 

 

 

 

要塞も砲台も無いけど

健全は登山気分をおおいに味わえる素敵な山です。

関門海峡の絶景を眺めるならココ


久住登山 [登山]

6月12日

楽しみにしてた牧師さん企画の久住登山の日。

先週に梅雨入りしたにも拘らず今日は晴れヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

晴れ男の牧師さんと自分に感謝です。(o^-')b グッ!

朝日を浴びて、いつものファームロードわいたを快走中♪♪♪

 

待ち合わせの牧の戸峠パーキングに到着です、9時前ですが

もう満車に近い!「早く牧師さんと、たいようさん着かんと」(汗)

ヤキモキしてたら5分程で来ました。(〃´o`)=3 フゥ

 

ミヤマキリシマの時期としては今日が最高と言った前評判で、

平日ですが登山客が多い様です。

今日のメンバーは、登山部の牧師さん・なな

muzinaさんと、たいようさんファミリーの8人

たいようさんファミリーは5歳の鉄馬君と3歳の、たいようちゃんも

参加で、秘密兵器を持参です。

 

これが今日の秘密兵器「背負子」です。

たいようパパさんはこれに、たいようちゃんや荷物を、

時には、鉄馬くんを乗せて頑張ります。(僕も乗りたいと言ったが、却下)

でも、心配はいりません、

なにせ、登山部の「山日和」のメンバーが付いていますので

大船に乗ったつもりで安心してください。(泥船かな?)

 

帽子を忘れた僕は、とりあえず売店で間に合わせの帽子を買って

登山開始です。

 牧の戸の登山口はこんな感じ、久住登山のほとんどの人はここから

登るようです。

しばらく整備された道が続き快適です。

ななさんが最後尾でみんなを見守っていますね。

 

おぉ!背負子が活躍しています。

やっぱり僕も乗りたいんですけど・・・。( ̄。 ̄)ボソッ

後ろの鉄馬君は虫を取るそうです。何かいるかな?

 

 

沓掛山付近の風景です。

ミヤマキリシマではないけど緑が綺麗です。「目に良いみたい」

 

沓掛山の斜面です、最初の難所でしょうか。

まぁ、大人の僕たちは全然大したことありませんが、

子供たち、ガンバレ!!

難なくクリアーです、さすが、たいよさんファミリーです。

登山最初に訪れる突端です。  

沓掛山・1503mあります。

「フーッ!良く1503mも登ったー!」って言ったら、横にいた

おじさんに笑われてしまった(笑)

牧ノ戸が1330mだから、まだ173mしか登ってないんだよねー(汗)

 

沓掛山の山頂から数メートル下ってルートに戻りますが

muzinaさんのヘッピリ腰を激写しました。

 「高いとこ、苦手ですか~っ!」Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ

 

その頃から、たいようちゃんが僕と手を繋いでくれるようになりました。

牧師さんや、ななさんに「たいようさんを、オトウサンって呼ばなきゃ」

と言われ、

ななさん「年上の子供は要りませんよねぇ」

なんて、ちょっとイジられてしまった。(;^◇^;)ゝ イヤァ

手を繋いでる間、たいようちゃんのゆっくりとした

マシンガントークが炸裂です(笑)

たいよう物語と言うらしい。

イャ~、楽しい時間でした♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

 

しかし、大人の僕たちが息が切れる頃、さすがにギブアップのようで

オトウサンからリタイヤ宣言がでました。

ウ~ン、残念だけど子供達は良く頑張りました( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

 

4人になりましたが元気に久住山山頂をめざします。

 

久住山の登りです、僕の後に牧師さんと、ななさんが続きます

muzinaさんは、相変わらず元気に先をいってます。

このあたりのミヤマキリシマもいまいちです。(毛虫にやられたらしい)

でも新緑が綺麗でこれも良しとしましょう。

程なく山頂に着きましたが、人が一杯です(汗)

後ろから自衛隊だろうか?団体が登ってくるのであわてて

記念撮影しました。(;^_^A アセアセ・・・

ななさんが作ってくれた旗のお披露目です。ジャジャーン!!

「山日和」(やまびより)

良い名前です、しかも僕の名前も入ってて感激しました。

しかし登頂の余韻に浸る暇はなーい、

後ろにはカメラを持った人達がずらっと並んでいます、

そそくさと山頂を明け渡して、弁当タイムにします。

む・muzinaさん

「それは、ひょっとしてビールではないですか?」

muzinaさん「昨晩から凍らせていたんですよ、飲みますか?」

い、いいんですか?遠慮なくいただきますよー!(* ̄O)◇ゞ ゴクゴク

 プッハーッ!!「最高です」

ん?muzinaさん、それはトン汁ですね?

はい、いただきますよー。(ずーずーしいぞ、お前!)※箸は持って来ましたヨ

 

muzinaさんの、具沢山トン汁、グットです。ゴチになりました。

 

ななさんが恒例の(笑)、コーヒーを入れてくれてる間、僕は

山頂をウロウロ。(ジッとできないんですよ)

1787mから見たとこです。

おいしいコーヒーをいただいて、

九重連山最高峰の中岳にむかいます。

御池の所で牧師さんとmuzinaさんは池沿いのルートを行きますが

僕と、ななさんは早そうな上のルートを選択しました。

が!負けました。くやしぃーっ!ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!

 

中岳の登りです。岩がゴツゴツして結構キツイ(汗)

僕が先頭、「みんなーっ! がんばれーっ!」 (おまえもなっ)

 

中岳1791mです。みんなイイ笑顔です。

この笑顔があるから山登りは止められません。

ココは人が少なくてゆっくりできます。九重の縦走をされている方に

写真を頼みました。良い写真です、ありがとう<(_ _*)>

 

後はイッキに下山になりました。

帰路の星生崎です、大きな岩が迫力です。

下のゴロゴロした岩は上から落ちたんだろうなー。そういえば朝、

BIJINさんからメールで「結構揺れましたね、気を付けてくださいね。」

と来てて、地震があったようです。(僕は寝てました)(;^_^A アセアセ・・・

今、地震がおきて上の岩が落ちたらオッカネー!

 

星生崎を過ぎ、西千里ヶ浜も過ぎ、超ハイペースで下ります。

ペースを落とすと早い団体さんに囲まれました(汗)

後ろから、ザッザッザッって足音がいっぱい近づくとチョット恐怖です。

そのせいかどうか、ななさん、ヨレヨレです(笑) ※僕もですが・・・

 

やっと牧ノ戸に着きます、このコンクリートの道がつらいのよねー(汗)

テンガロンハットの牧師さんはオニューの靴が良いらしく

ハイペースでした。

 

登山後は、最近定番になってる温泉です。

黒川までの道、牧師さんが飛ばす飛ばす(汗)

僕は着いていけましたけどねΨ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ

でも、エスティマであんなに攻めたらコケますよー!!

 

走りがやっと大人しくなったので写真を。

 黒川温泉郷の中の林道です、いい雰囲気です。

温泉の駐車場でカブト虫を発見!!

(ヤラセ無しです

久しぶりに野生のカブト虫を見ました。

アァ~!  鉄馬君がおったらなー。 残念

 

温泉は川の横に露天風呂があってしかも混浴 

当然、ななさんは女性専用にいきましたが・・・(笑)

お湯は少々熱めですが最高に気持ちがイイです。

牧師さんはそのまま川に入っていました。

温泉より川の中に浸かってた方が長かったりして。ハハハッ!

 

今日、入った温泉は黒川温泉の「山みず木」です。

牧師さん入りで撮ってみました。

牧師さん「撮るんなら言ってくれれば良いのに」

いやいや、顔がイイから大丈夫ですよ。Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ

 

ココで牧師さん達とはお別れです。

帰りは、またファームロードを快走します。

途中、僕好みのスポットが有って写真を撮りました。

どうです?  扇状になったやさしい感じの棚田です。

温泉でほてった体に田んぼからの風が気持ち良い。

今日は、一時的にヨレヨレになったけど筋肉痛にはならない

ような感じがします。

少し、レベルアップしたようです。(^▽^)V

 

 

 

 


阿蘇仙酔峡~高岳登山 [登山]

先日、阿蘇の仙酔峡から高岳・中岳登山をした。

参加者は、ななさん・

牧師さん・たいようさん ・muzinaさんと僕の5人。

仙酔峡のミヤマキリシマは5部咲きってところかな。 

馬鹿尾根ルートで登山開始!

ガスってて周りが良く見えないけど涼しくて良いかもネ!

 


でも時々ガスが晴れて上の方が見えて思わず

「馬鹿やろう!」と言ってしまいます、

登りが永遠に続いてそう、もうヘロヘロです。 

休憩したくて、しきりにmuzinaさんにタバコを勧める僕(汗)

 

       
やっと馬鹿尾根を登りきるとガスが晴れて絶景がひろがりました。

 

                  

高岳で弁当タイム。

muzinaさんのライターを使って牧師さんがお湯を沸かして、

ななさんがコーヒーを入れて、

僕がのむ(笑)

「うまーい!最高!」おかわりまでしてしまったよ。

 

んじゃ、集合写真いっちゃいますよ!

高岳の頂上、1592m(肥後の国と覚えたら良いそうです)

左から僕(響)・たいようさん・ななさん・muzinaさん・牧師さん

みんなテンガロンハットがキマッテル牧師さんのHPで知り合った

奇跡の集まりです。

高岳から中岳へ、1500mあるんですねー!

しかし虫がすごい!こんな高いところに!

柱がラブホテル状態です(笑)

 

砂千里でしょうか、SF映画のロケに使えそうです。

 

中岳を経由して下山しました、

この角度から火口を見るのは初めてだよ。

 

膝をカックンカックンさせながら

やっと終点の仙酔峡に着きました。 フゥ~!

 

馬鹿尾根が今なら良く見えますね、

登る前に見えてたらかなりビビッテたかも(笑

 


下山後みんなで温泉に入って解散です、

バイクじゃなくて車で来ててよかったー!

間違いなく立ちゴケしてたでしょう。

 

 
帰り道、外輪山で眠気覚ましのコーヒーを買って阿蘇を見たところ、

 

「また来ようっと」


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。