So-net無料ブログ作成

廃墟シリーズVol、23(化学兵器施設跡) [廃墟&近代化遺産]

北九州の小倉南区に太平洋戦争時代の

「東京第二陸軍造兵廠曽根製造所」があります。

これだけだと「なんのこっちゃ」ですね。

つまり化学兵器製造所です。

もっと平たく言うと「毒ガス工場」です。

ヒェ~!なんて怖い所でしょう(汗)

良く、こんな非人道的な施設の跡が身近に残ってたものです。

残ってる建物の周りはキチンと整備されてます。

廃墟となってますが今は自衛隊の管轄で管理されてますので

思ったほどボロボロにはなってないみたいです。

一部は物置として使用してるみたいです。

 

さらに覗いて見ると大きな2本の排気管のようなものが確認

できます。

恐らくその奥の建物がホスゲン・青酸の液化を行なう

冷却室かもしれません。

写真では並木と芝生で囲まれていて明るいイメージですが

なんとも恐ろしい事をやってたものです。

用途はわかりませんが、この棟が一番大きいみたい。

いずれにせよ窓ガラスは無く、真っ黒な窓があるだけです。

敷地内の端には自衛隊の射撃訓練場ができてます。

平日の昼間に良く「パ~ン!パ~ン!」って聞こえます。

こういった施設を都市型戦闘訓練施設と言うそうです。

塀の外からしか見てませんがイベントで見学できる時も

あるようなので機会があれば入って見ようと思います。

しかしこんな兵器が使われる前に

戦争に負けて良かったのではないかと

改めて思える廃墟でした。





かなり地元なんだけど

こんな恐ろしい工場が身近にあったなんてビックリ!

僕が犬の散歩してるのに会うかもしれない

毒ガス充填工場はココ


nice!(14)  コメント(32)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 32

みね

窓が無くて、これぞ廃墟のイメージにピッタリ^^
戦時中のものなのですね。毒ガス使われずに済んだのでしょうか。ならば良いのですが・・・。
ずいぶん近くで撮っているように見えますが、まさか塀を乗り越えていません?
by みね (2007-01-12 06:03) 

BIJIN

今回、突撃はなかったようで(笑)

建物の中はどうなっているのでしょうね。
いつも見学できるようにしてほしいですね。
ガイド付きで。
by BIJIN (2007-01-12 08:28) 

現在も、都市型戦闘訓練施設!?として、使用されているんですね。
確か、千葉県だったと思うのですが、毒ガス工場跡地の下から、埋められた毒ガス缶がたくさん出てきて大騒ぎになっています。
そこの廃墟は大丈夫なのかしら?
by (2007-01-12 10:46) 

obasan

スノボの次にはまたガラッと趣向が変わり人を飽きさせない方ですね。ちょっと目線を変えれば、いろんなものがみえるのですね・・・・・。柔軟な目線と柔軟な思考回路欲し~~~~~!
お、入力用数字がぞろ目だア!オーメン(古い映画です)みたい
by obasan (2007-01-12 11:09) 

newriverspirits027

何か亡霊のように建ってますね。
中を見てみたい感じもしますが・・・・・怖い感じも・・・
by newriverspirits027 (2007-01-12 11:43) 

GATA

こういう廃墟を見ると「日本は戦争したんだな~。」と改めて実感します。
毒ガスは無差別でとっても非人道的な武器だと思います。
ココで開発されたものが使われてないといいのですが...
なんて真面目な事を思いながらも、「ココでサバイバルゲームしたらおもしろそうだな~。」と思ってる不謹慎な自分もいたりします。f(^o^)
by GATA (2007-01-12 11:48) 

OhIke0725

小倉には戦時中 陸軍のさまざまな施設があったようですね。
小倉から門司までは全くの 勉強不足で地理勘も余りありません。
今度、じっくり回ってみたいですね。
by OhIke0725 (2007-01-12 16:25) 

(。・_・。)2k

歴史を感じる建物ですね。
by (。・_・。)2k (2007-01-12 18:41) 

まだこんな戦争遺跡が残っているんですね。。ある意味、残すと言うことも必要ですね。。
by (2007-01-12 18:47) 

平和主義の日本にあってはいけないものですね。戦争は絶対良くない事ですね。
by (2007-01-12 20:26) 

HARU

化学兵器の工場でしたか、知り合いにも化学兵器開発をしていた人がいますが自分の体で人体実験をしたそうです。
by HARU (2007-01-12 22:51) 

soneta

化学兵器工場ですか~窓が無いところといい少し怖いですね
でも見学できる機会があったら是非行ってみたいです(^^;
by soneta (2007-01-12 23:38) 

Montego-Blue

こんばんは。
あら、こんなものも残っているのですか。うーん、残っていると考えさせられるものがありますね。これはこのまま残してもらったほうが良い気もします。
そういえば、防空壕跡なんてのも、子供の頃は見つけることが出来ましたよね。怖くて入れませんでした(汗)
by Montego-Blue (2007-01-12 23:40) 

こんばんは!響さんの解説を読みながら、写真見ているとだんだん恐くなってきました。
残留物質はないのでしょうか?(あるわけ無いと思いますが・・・)
by (2007-01-12 23:48) 

響

>みねさんへ
中には入ってませんよ、ご安心を。
写真は塀の上に手を伸ばして撮りました。
by (2007-01-12 23:56) 

響

>BIJINさんへ
お近くですのでお馴染みではないですか?
自衛隊の人が来てる時に間がよければ見せてくれるそうですよ。
この時は誰もきてませんでしたので覗くだけでした。
北方の基地から来てるみたいですね。
by (2007-01-12 23:58) 

響

>binpakuさんへ
不発弾も恐ろしいけど毒ガスも見えないだけあって恐ろしいですね。
ここは今のところ大丈夫のようですよ。
by (2007-01-13 00:01) 

響

>obasanさんへ
ありがとうございます。
とりとめが無いとか一貫性が無いとか言いますね(笑)
おっ!オーメンですか?「6666」ですね。
潤滑油の556って有名ですがその上に666ってあります。
動きが復活するって意味らしいです。
by (2007-01-13 00:05) 

響

>nyakkoさんへ
何時も周囲を散歩してますので馴れました。
でも夜は気持ち悪いですね。
by (2007-01-13 00:10) 

響

>GATAさんへ
済んだことはしかたありません。同じ過ちを犯さないことが大事ですね。
ですからここをサバイバルゲームで開放すのは大賛成です(笑)
窓枠から覗くスリルは面白そうでゾクゾクします。
by (2007-01-13 00:12) 

響

>OhIke0725さんへ
北九州って戦時物が比較的に多いみたいですね。
この施設は旧北九州空港の近所にありますよ。
管轄は北方基地みたいです。
by (2007-01-13 00:14) 

響

>(。・_・。)2kさんへ
窓枠が無いと異様に見えますね。
しっかりした鉄筋コンクリートで作ってますのでまだ国家予算に
余裕があるときだったのかもしれません。
by (2007-01-13 00:17) 

響

>水郷楽人さんへ
同じ過ちを犯さない為にも保存もたしかに必要ですよね。
開放しても場所が場所だけに住宅地にもならないでしょうから
このまま保存でしょうか。
by (2007-01-13 00:20) 

響

>ヒロリンキュウさんへ
こんな工場を作ってたってことはかなり戦況が切羽詰ってたって
ことなのでしょう。
狂ってます。
by (2007-01-13 00:21) 

響

>HARUさんへ
自分で!?
それは凄い人をご存知なんですね。
こわいです!
by (2007-01-13 00:24) 

響

>そねっちさんへ
入れるイベントがあるらしいのですが知らないうちに
いつも終わってるのです。
機会があったら入ってみます。(イベントで)
by (2007-01-13 00:25) 

響

>Montego-Blueさんへ
僕の団地の近所にも沢山防空壕があって今も何個か
残ってますよ。
小学校の時は良く探検してました。
野犬の巣があって怖い目にあっていらい近づいてません。
by (2007-01-13 00:27) 

響

>月光さんへ
残留物は大丈夫だと思います。
あまりに身近にあるのである意味麻痺してるのかもしれません。
怖い廃墟ですよね。
by (2007-01-13 00:30) 

chi-ran

。。。生々しく戦争の感じが伝わりました~。。
一歩間違えば いちばん非道な歴史を作ってるところでしたよね?
コワゴワ~~
by chi-ran (2007-01-13 00:39) 

響

>ちえさんへ
まるでティターンズのG3ですよ。
この頃の日本帝國軍の頭はジャミトフハイマンです。
って、この会話はちえさんなら解るはず(笑)
by (2007-01-13 00:52) 

chi-ran

ぶっぶ~~~!!!
by chi-ran (2007-01-13 01:05) 

響

>ちえさんへ
やっぱりネv
by (2007-01-13 01:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。