So-net無料ブログ作成
検索選択

高千穂ツーリング [ツーリング日誌]

 昨日の納涼パーティーでの二日酔いも無く、体調も良いので

ゆうさんと、ゆうさんが何時も一緒に行くメンバーとツーリング

同行させてもらいます。

行き先は、阿蘇に、もう20回(エッ!?)行ってるゆうさんに

高千穂まで、プラス1時間で行けますよと、前に話したら、

早くも、企画してくれました。

いつもの英彦山川沿いの近道です。

気持ちの良い風に、田んぼの香りがします。

天気は上々。

涼しくて快適です。(インナー着用)

 

 

7時過ぎに、待ち合わせの英彦山の道の駅に着いて、

ジャケット脱いでベンチに座って待つ準備えをしてると、

すぐに到着してしまった。

「早かったですね」

  

ゆうさん(右)と、ゆかいな御一行様です。

今日のメンバーは、右から、ゆうさん(D-トラッカー)

Sさん(エストレア)、牛さん(ZZR)、僕(CB1300SF)の4台。

 

簡単に自己紹介を済ませ、先を急ぎます。

近いと言っても一応、宮崎だからね。

行きは僕が最後尾。

今日のファームロードは所々、霧が出てます。

霧が出る日は天気が良いんだよね?

 

途中で、チョット先回りしてみました。

行きは、ゆうさんが先導してくれます。

みんな気持ちよさそうにコーナーを楽しんでいるように見えます。

 

阿蘇に入っても、目的地はまだ先なので、阿蘇には止まらず

ノンストップです。

ただ、Sさんが高森の九十九曲がりを走ってみたいという

リクエストがありましたのでココから、僕が先導で御案内します。

九十九曲がりを快走するSさんのエストレアです。

ピカピカでカッコイイです。

Sさんは、今日は何故かコーナーがしっくりこなくて、お悩み中でしたが

九十九曲がりの修行の成果は出たのでしょうか?

見てても全然問題ないんですけど、砂とかが浮いてて

道が悪くて、ビビリがさらに大きくなったらしい。

そういう僕も、この峠は苦手です。(小さなバイクだと楽しいはずです)

 

その後は快適な田舎道ですので、すぐに目的の高千穂峡に

到着しました。

案内された駐輪場はジャリでした。 なんで?

 

まぁ、とにかく観光しましょう。

駐車場までの道の横にある滝です。

この時期はやっぱり、滝に限るね。 マイナスイオン、たっぷりです。

 

遊歩道前の池で餌をやるメンバー達。

だんだん面倒になって最後には、ばら撒くんだよね(笑)

するとどうなるかというと、

こうなります。

気持ちワルッ!

 

でも、中にはこんな奴がいました。

キャビアですね。

 

んじゃ、メインに行きましょう。

真名井の滝です。超メジャーな滝です。

週末なんでボートがたくさん出ていました。

みんな、ここで写真を撮るので、その辺のお兄さんを

捕まえて、みんなで撮ってもらいました。 ありがとう。

そして・・・。

ピンボケありがとう。

まぁ、いいですけどネ。

改めて紹介しましょう。

左から、ゆうさん・Sさん・僕・牛さんです。

牛さんはナイスガイなんですが顔出しNGだそうです。

ファンが増えて困るとか・・・? Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ

 

とりあえず、遊歩道を歩く4人ですが、 暑い!

川沿いで涼しいはずなんだけど、とにかく暑い日でした。

 

橋が3本見える所まで頑張って歩きました。フーッ!

ここでも、みんな記念撮影してるのでモデルを置いて撮って見ました。

     

いいねぇー。

廃墟ばっかり撮ってる僕には眩しいです。(笑)

同じく、モデルを撮影する牛さん。

すげーカメラ目線でしたが隠してます(笑)

 

昼になったので飯食い行きます。

高千穂って、食べる所の情報が少なくて、T-マップルに載ってる

「桜花亭」に行ってみました。

蕎麦が中心の店ですが馬肉カレーが有るはずで楽しみにしてたのに

無いんだって。

蕎麦も好きだからいいですけどね。

頼んだのは「とろろ蕎麦」

グチャグチャにして食べなくてはいけないそうです。

中々、いけてましたよ。

他のメンバーもそれぞれ、違うメニューをオーダーして

なんとも、まとまりのない4人でした。

 

 ゆうさんがオーダーしたメニューに蕎麦湯が付いてて

蕎麦湯をSさんに注ぐシーンです。

どう見ても酒を注いでるようにしか見えません。

 妙に似合ってる気がします。 

笑わせていただきました。

 

しかし、その後、笑われない出来事がっ!!

ゆうさんがガソリンを入れてる間に

バイクを止めて待ってたSさんのエストレアが、急に疲れたのか

パタンっとオネムになりました。 (下り坂でNレンジに入ってました)

クラッチレバーが曲がってしまいましたが、こんなに曲がるとは

驚きです!

思わず、写真を撮らせてもらってしまいました。

普通、折れるでしょう?

本人は「ギャハハ!握るとこが狭くなったー」っとはしゃいでます(笑)

結構たくましい性格のようです(笑)

後、ミラーに不具合が出たみたいだけど、自走するには問題

なさそうです。

 

帰りは五ヶ瀬の方から回るルートにして

途中、「うのこの滝」に寄ってみることにしました。

しかし、みんな読み違いしてしまいそうな名前です。

ゆうさんも、そう読みそうだったらしい。

「う○この滝」

「うのこの滝」の案内版を僕が見落としてUターンしてるところ

ですが、Sさんと牛さんがこないので、戻ってみると

先に写ってる橋の横でエストレアのミラーを

増し締めしてるところでした。

ついでに橋を覗いて見ると、かなりの高さです。

「夕日の里大橋」

H16年に完成して、高さが89Mあるそうです。

 

案内版通りに曲がって「うのこの滝」に向かいます。

おぉー!出ましたね、僕の定番道です。

 

駐車場で行き止まりで、ここからは歩きみたいです。

滝の音は、してますが、まずは降りないことには

見れないようです。

もう、笑うしかないような階段を降ります。

 

滝つぼらしきものが見えてきました。

 色がやたら綺麗です。

 

オォォー!!

これが、「うのこの滝」です。

凄い迫力で水煙で白っぽくなってしまいました。

もう「う○こ」とは言わせませんといった気迫を感じました。

(漢字で書くと「鵜の子の滝」と書くらしいです)

滝好きな牛さんも、いままでの滝の中でも上位に入るそうです。

 

笑いが出るほど下ったという事は、泣くほど登ると言う事です(汗)

みんな、死にかけてます(笑)

 

ヘロヘロになった滝を後にして

高森に向かうまでのR265も走りやすくて快適そのものでした

 

しばらく峠が続きますのでチョットだけペースを、上げて見ました。

ゆうさんだけは付いてくるんですよねー。

そんなにバイクを傾けてるようでもないのですが

バイクが軽いので、ヒラリヒラリとクリアしてきます。

なめてかかると火傷しますよ。

 

高森を過ぎて箱石峠辺りからだんだん曇ってきました。

阿蘇市に入ったら道が完全に濡れてます。

大観峰に寄る予定で、そっちに向かっていましたが、

大観峰の方角で稲光が見えたので、もうビビって帰ります。

結局、ファームロードはパーフェクトでカッパマンで

帰りました(泣)

小石原で休憩した後は、田川で離脱しまーす。

楽しい一日でした。

また、遊んでくださいねー!

 

今回は個性タップリの3人と一緒に遊べて最高でした。

また誘ってください。

また、当方「マイナリスト」の方も、個性は揃いの良い人達ばかり

ですので、どんどん参加してください、お待ちしております。

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 10

ゆう

響さんは今日アポロ峠ツーリングなのに昨日は帰り着き次第レポ制作すると言う、朝見てみたら本当に出来上がってる(^O^)  
本当にお疲れさまでした。
今日は今週のツーリングで汚れたバイクを朝から洗車しました。

レポ読みました、面白かった!
牛さん、Sさんとは自動車学校で知り合ったんだけど、なかなか面白い個性派でしょ!天然ボケって言う表現でもいいけど・・・(私も含めね)
Sさんは、響さんとても話やすかったみたいで楽しいツーリングになって嬉しかったみたいですよ。牛さんの牛顔には笑いました。
高千穂でカメラのバッテリーが切れたのでそれから先見れて良かった。
みんなまた響さんと一緒に行きたがってますので宜しくお願いしますね~~~
by ゆう (2006-08-27 08:58) 

せり

高千穂は随分前に旅行で行ったきりでしたが、また行きたくなりました。バイクには乗った事がありませんが、御陰でツーリング気分が味わえました^ ^
by せり (2006-08-27 18:30) 

響

>ゆうさんへ
早速読んでいただきありがとう。
何時も文章が下手で恥ずかしいんだよね(汗)
今回の写真は結構ボツが多くて写真が飛び飛びでごめんなさい。
夜にバタバタ書いたので、さっき少し文章の手直しをしてみました。

僕もま、たみんなと行きたいと思っていますので宜しくお願いします。
by (2006-08-27 21:07) 

響

>せりさんへ
高千穂峡に行かれたことがあるのですね。
高千穂峡は結構、遠方からも観光に来ますね。
バイクで行くと楽しさも倍増ですよ。
by (2006-08-27 21:12) 

なな

モデルさんと一緒で良かったね~。
楽しそう!
女性が二人ってなかなかないでしょ?

曲がったクラッチレバーを笑えるSさん、気が合いそうだぁ~。
ゆうさんとも、是非会ってみたいし、いつか、いつの日にか、阿蘇まで走りたい。。。
自信ないけど(汗)
by なな (2006-08-27 21:23) 

響

>ななさんへ
>モデルさんと一緒で良かったね~。
ねーさんも是非、モデルとして入ってほしかったです。

ねーさんはもう、阿蘇まで来れるでしょう?
頑張って来てください。
ななさん・ゆうさん・Sさんは絶対気が合うと思うよ。
by (2006-08-27 21:52) 

Bach

2連荘ですね。
お疲れになったでしょう。
そういう私も2連荘です。9日のウニ丼ツー楽しみにしてます。

高千穂へのコースは大好きです。道路もワインディング度も良くて走りやすいコースですね。箱石峠での下りはHDではキツイものがあります。
by Bach (2006-08-27 23:06) 

響

>Bachさんへ
Bachさんも2連ですか?
タフですね。
高千穂ツーリングはいたってのんびりツーリングでしたので
疲れはさほどありませんでした。
HDであの走りができるとは驚きです。
ウニ丼はこちらこそ宜しくお願いします。
by (2006-08-28 07:52) 

たいよう

いいな~
うにも行けないし~
いいな~~~w
by たいよう (2006-08-28 21:01) 

響

>たいようさんへ
早速、お約束のネタミ攻撃をしかけてきましたね(笑)
もう今から草むしりをしとくのは、どうですか?
名案でしょう?
by (2006-08-28 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。